« ハドリアヌスって、何だよ 「あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]」 | トップページ | 20年後に振り返るベルリンの壁崩壊ー直後の残像と今考えるその意味 »

2009年11月11日 (水)

観光から投資へ、というトレンド

勝間インフレ政策、とかいうのが流行っているそうで・・・。
そんなことしたら、デフレを止めようとしてもっとデフレになる、という反対意見があるそうですが、まぁ多分そうなるのでは?
勝間さんのインフレ政策を実行するとどうなるのか?

勝間女史のよくわからん提言より、私の前に書いた石高制度の復活とか国営郵貯の国民皆貯金口座への強制的な残高up&といちのマイナス金利とかの馬鹿話の方が政策としてよっぽど具体性があると思うぞ^^;
そうだ、政府紙幣として、石高制度を復活させてみよう・・・アホ^^;
デフレスパイラルにパラシュートマネーを

そんな冗談はともかく、
時々読んでいる下記サイトで気になるフレーズがありましたのでご紹介。
:Espresso Diary@信州松本 「投資を呼び込む意識が弱い日本」
http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/52481826.html
NHK・BSでアジア各国のニュースを見ていると、観光と投資とを一体のものとして意識した戦略が強まっていることがわかる。まずは来てもらい、地域の文化や将来性などを理解してもらい、そして投資へつなげることが重要だという意識が広がっています。とくに女性にとって魅力的な場所であることをアピールする都市が増えている。

アジア各国の都市の人々は、半世紀遅れて日本の状況(高齢化)になることを自覚して、少なくなる貴重なソース「稼げる人間」の分捕り合戦が静かに始まっているのかもしれません。

これでは、年金ですら払う額を国が意のままにできる、と考える日本から、これは本格的に人材流出が発生するかもしれないなぁ、という気がする早出の朝。
さて、仕事にいってきます。
前原国交相、年金強制削減で特別立法検討を表明

|

« ハドリアヌスって、何だよ 「あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]」 | トップページ | 20年後に振り返るベルリンの壁崩壊ー直後の残像と今考えるその意味 »

コメント

あぁ・・GDPデフレーターとか言い出した時点で、もうダメ(笑)。指標が、実態を反映してないですもん。

私の考えは、藤沢さん?の考えに近いと思います。

投稿: Fumi | 2009年11月11日 (水) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46733071

この記事へのトラックバック一覧です: 観光から投資へ、というトレンド:

« ハドリアヌスって、何だよ 「あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]」 | トップページ | 20年後に振り返るベルリンの壁崩壊ー直後の残像と今考えるその意味 »