« 「イングロリアス・バスターズ」 | トップページ | 公民館に落ち着いてます »

2009年11月21日 (土)

デフレ宣言の目的は

デフレ宣言がされたそうです。
<デフレ>政府、月例経済報告で認定…3年5カ月ぶり
 政府は20日発表した11月の月例経済報告に「緩やかなデフレ状況にある」との表現を盛り込み、日本経済がデフレ状態にあると公式に認めた。月例報告でのデフレ認定は、06年6月以来、3年5カ月ぶり。デフレについて「景気を下押しするリスク」とも明記し、先行きへの警戒感を示した。
http://www.excite.co.jp/News/economy/20091120/20091121M20.096.html

「だから?」と聞き返したくなるところですが、「で、どうするの?」という点では、あまり期待は持たれていないようです。

本石町日記 :
政府の「デフレ宣言」の意味はよく分からない=反インタゲ・財金分離主義者の対策は…
政府が「デフレ宣言」した。一般的に「宣言する」という行為は、それが悪い出来事であるなら、何らかの対策を伴うもの。悪いことが起きた、と叫ぶなら、悪いことを修正する対策が必要なはず。ところが、今回は対策めいたものは見当たらず、デフレだ!と叫んだだけのように見える。マスコミはもとより大変な事態は喜んでラッパを吹くかのように報道するので、対策なしのデフレ宣言はデフレ期待を強めるだけではないか、と思った。
http://hongokucho.exblog.jp/12359990/


これって、ぶっちゃけ世のため人の為に何か克服の努力しよう、という話ではなくて、単純に、自分たち為政者への期待を煽りたい、非常時を口実に、自分たちのやったことを正当化したい、政府(自分たち)の権力を更に拡大できるかもしれない、ぐらいの話だと思えばよいのでは?

大変な時代なんですよ、だから、色々うまく行かないのもしょうがないんですよ、だから、もっと我々は信頼されてしかるべきなんですよ、だから、もっと力がいるんですよ、だから、少々の強引さはしょうがないんですよ、だから、反対派は黙っているべきだし、黙らせる必要があるんですよ、だから・・・

千里の道も一歩から。最初の法案もめでたく問答無用と押し通しに成功したし、千年(自分たちが)至福のDas Dritte Reichも「大変だ」と煽ることから、ですよ。

|

« 「イングロリアス・バスターズ」 | トップページ | 公民館に落ち着いてます »

コメント

今回のは、いわゆる「国内需要デフレーター」が、ずいぶん久しぶりに大幅に下がったというのが「宣言」の根拠なのだろうなぁ・・とは思うのであります。「GDPデフレーター」は、わずかに上向きのようですが・・。

「デフレーター」は、デフレ具合を示す指数のはずですが、それに色々な指数があるという事は、ようするに「どれが正しいのかよくわからん」という事であると思うです。

 政府は・・まぁ、為政者と言い換えても良いでしょうが、朝になって、日が昇ってきたのを見て、「夜が明けました宣言」をしたり、雨が降ってきて、どしゃ降りになったから「雨になりました宣言」をしてたんじゃあダメだと思うんですけどね。そんな領主だったら、領民はなかなか、ついていかない。実害は無いかもしれないけれども、将来性が無い。

 金価格が、連日史上最高値を更新している時に、「デフレ宣言」というのもどうかいな?と、まぁ、これは私見でありますが・・津波が来る直前には、潮がさーっと引くと聞きますが(見たことないけど)、潮が引いたのを見て「潮が引きました宣言」した。に似てるのかなぁ?などと思ってます。祖先から「いきなり潮が引いたら、高台に逃げるのだ」と、言い伝えられたわずかな人たちだけが、高台に逃げるのか?と。

 政府の「デフレ宣言」の目的としては、「デフレなんだよ。株式や、金よか、国債がぜーったいいいんだよ」があるのかもしれません。と言うか、もうそう言うしか打つ手が無いのでしょう。円高(対USD)に対しての「婉曲的な口先介入」と見る事もできますが、円とドルの金利差が無い今となっては、昨年までの「円-ドル キャリー」はもう存在せず、あまり口先介入の効果は期待できないので、やっぱ、「やばいと思っている人がいるようだが、国債は安心です宣言」と見るのが適切でありましょう。

投稿: Fumi | 2009年11月22日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46817210

この記事へのトラックバック一覧です: デフレ宣言の目的は:

» イングロリアス バスターズ ストーリー [芸能情報を知りたい]
イングロリアス・バスターズ カジキマグロを愛したあの人 イングロリアス・バスターズ. 正直. 面白かった! クエンティン・タランティーノ映画が好きな人にオヌヌメ! 役者もみんな上手いし. タランティーノっぽさがよく感じれて. 久しぶりに大満足(゚∀゚). 基本的に話し合いで進むシーンが ...(続きを読む) 【ネタバレ】映画『イングロリアス・バスターズ』について※映画未見の ... 【ネタバレ】映画『イングロリアス・バスターズ』について※映画未見の人は見ないでください。 公開初... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 08時32分

« 「イングロリアス・バスターズ」 | トップページ | 公民館に落ち着いてます »