« 牧野伊三夫さんの展覧会が開催中だそうです | トップページ | クリスマスコンサート »

2009年12月23日 (水)

公約反故なら統治行為を行う正統性はなくなった、ということではないかな?

素朴な疑問なのだが、選挙公約を反故にした、ということは民主政治においては権力行使の信託を受ける資格はなくなった、ということではないかと思うのですが・・・

首相「マニフェストに沿えず、おわび」 暫定税率「仕組み廃止・水準維持」
鳩山由紀夫首相は21日夕、首相官邸で民主党の小沢一郎幹事長に税制改正の方針を伝え、了解を得た。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で暫定税率の廃止を盛り込んでいたが、小沢氏は暫定税率を維持して税収を確保すべきだと求めていた。首相は21日夜、首相官邸で記者団に「地球環境、景気の2つの問題を考え、仕組みそのものはいったん廃止するが、税率を維持することにした」と説明した。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091221NTE2INK0221122009.html

鳩山首相自身も、「マニフェスト実現できなかったら引退する」と公言されて権力の委託を受けたと思うのですが・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=a5KkmNYr-Bg

どうするんだろう・・・。
まぁそういうことには気がつかないでゲーム続行、というあたりかもなぁ。
どうせ子供手当はエアー手当(ココの邪推)なんでしょうから、最初から期待値0だったうちは正解かも。

そういえば、最近ホリエモンまで参入してきた天皇陛下の会見一ヶ月ルール問題、もうしわけないけど、こんな正統性に疑問符までつきそうなグダグダの権力体になっちゃっていることについて見ないふりして脳内補完じゃない?と思うようなヒーロー願望抱いて「法的には」という字面の正義を振り回してもしょうがないでしょうに。話は政治という営みのデリケートな部分のことなんだし、直結しているのは「法的手順の是非や論理的一貫性」ではなくて、国民の精神世界とかエートスの部分なんだから、頼むから加油するなよ、と私などは思うのですが。
それでなくても最初から最後まで「格」の問題が尾を引いて面倒なのに。

その相手(客)がそこまでするに相応しいか否か国民だって納得しないまま、ということと、批判して「辞めろ」と言い放ったのが、実質最高権力者ではあっても、一政党という結社の幹事長というあえて言ってしまえば「陪臣」であることが「お前が息巻くな」という気持ちを広く沸き上がらせてしまい、事態を複雑骨折させているように思います。
(正直、昔の執権ならこうも大上段に「俺が正しいあいつが悪い」は言わなかったと思う。小沢さんは選んで闇将軍されているのでしょうから、日の当たる秩序のことに日の当たる場所で教授顔したりちゃぶ台返ししたりは自分で科している自分のゲームのルール違反じゃないかと思うのですが・・・)
鳩山氏が議会の盟主・首領の立場で変えたい旨内奏し、議会でも説明して理解を求めてしかるべきことだったのでは?鳩山氏は一ヶ月ルールの策定時の当事者なのですから、その点でも行動をとる資格はあったと思いますし。


えっ、「格の問題」なら、大学者(この人)や大経営者(この人)の意見にお前ごとき田舎のおっさんが変痴気論を言うなと?
うーん、まぁそれも真理ですよね。
と、いうところでしっぽを撒いて布団に。
おやすみなさい。

|

« 牧野伊三夫さんの展覧会が開催中だそうです | トップページ | クリスマスコンサート »

コメント

ま、「公約違反なんか大したことじゃない」と国会の場で開き直って言い放った人気総理大臣もいましたけどね。

投稿: crop | 2009年12月28日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/47090415

この記事へのトラックバック一覧です: 公約反故なら統治行為を行う正統性はなくなった、ということではないかな?:

« 牧野伊三夫さんの展覧会が開催中だそうです | トップページ | クリスマスコンサート »