« 最初っから、日米の同盟破棄が目的なのかもしれませんね | トップページ | 無神経なのか、とぼけた顔した「制圧宣言」なのか・・・ »

2009年12月11日 (金)

子供手当をエアー手当にして、なお「緊急経済対策」って何なのだろう

週末が飲み過ぎで潰れてたり、週の真ん中から耳下腺炎でこぶ取りじいさんになったりで、ネットも斜め読みばかりしていた一週間でしたが、ひさしぶりに極東ブログを覗いて、下記記事を読んで小首をかしげました。

自民党麻生政権のゾンビと化した民主党鳩山政権
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2009/12/post-2252.html

別にfinalvent氏の観測に否定的感想を抱いたのではなくて、できそこない自民党ゾンビとまで言われて、平気なのかいな、あの政党の人?という気になって。普通考えたら、これほどの侮辱はないでしょう。「なら、ものほんの自民党でいいや」で終わりの片山内閣もう一度?。

まぁ、権力ってそれほど甘いものなんだろうな、とも思いますし、所詮、選挙で党首すらたたき落とされるほどぼろ負けした筈の政党が、野合連立だから一番でかい顔、というお笑い怪奇大作戦のビジュアル世界を、真剣に考えてもしょうがない、ということかも。
あ、これは単に代表者のもつ肉体としての顔の横幅、サイズのことを茶化したわけで、態度とか権力の強さとか、形而上的なこととか何も発言したつもりはありませんので、誤解なきようにm(..)m

とか、つまらん話は脇に置いといて、最近の報道を見るに、この政権は選挙の時の釣りの餌、目玉政策だった「子供手当」を、「財源が無いから困った困った」とずるずると際限なく実施しない方向へ世論を向けようとしているみたいですし、終いには地方自治体に丸投げで済ませようという話さえ・・・。
振られた地方政府はびっくりでしょう。財源もそっちでなんとかしろって言われたら、当然「できるわけない」「反対」と声あげるでしょう。
(「地方自治に実質どれほど貢献しているのか誰にも不明な郵便局につぎ込む金があったら、こっちに廻せ」という声が世間の表にあがらないだけ、職業人としての私にはありがたいところがあります)
その反対の合唱が、この政権にとって必要なのでしょうね。

昔、「エアー年金」という言葉がありましたが、どうやら、子供手当はエアー手当になりそうな匂いがぷんぷん。

しかし分からんなぁ。子供手当って、実施しても2兆円から3兆円なんでしょ?
緊急経済対策として7兆円を"財源の裏付け問題は脇に置いといて"行うと決めても、シャブが足らん10兆円やれ、とでかい顔の人に言われるくらいなんですから、今「緊急経済対策」としてやればいいじゃん。
麻生さんが既に全員手当やったんですから、事務方はもう一回と言われても困らないでしょう。今回は特別に、と全員手当やればいいのではないか、と思えてならないのですが。
元々、民主党が支持されたのは、「業界団体とか中間組織を廃して、貴方に直接アクセスします」と訴えたからが大きい、と私は思っていますが、このままでは、「被支配者は管理組織を通じて党にもの申せ、党は不逞な輩には直接制裁を下す」という直接アクセスの形になるような気が・・・。

まぁまだ日本というところにはあと一回参議院選挙が残っていますから、その時までは「子供手当」はおいしそうな釣り餌として引っ張って、後は「地方組織を中心に反対が多いから」と自然消滅かな。
マスコミが示し合せて取り上げなくなれば世間から消えるでしょう。だから消すのは楽でしょうし、何年かしたら、「そんな約束は最初から存在しなかった」という事実を誰も疑わないことになるのではないかな?どうせ日本人の心は状況の奴隷、とか大上段に構えなくても、「今を支配するものが過去も未来も支配する」というのは、大衆操作の大原則でしょうから。

順調にいけば普通選挙もあと一回かな。それをどう乗り越えて後はこんな面倒なものを消した永久与党としての千年至福の王国を、と平成巌窟王はせっせと仕込みを続けているのでしょうし、そのためなら何でも利用するしその目的達成のためだけに必要なら、協力を約束する相手には何でも提供するつもりでしょう。
「壊し屋」と言われ続けた一人の政治家を支えたものでもあったダークサイトが解消するために必要な復讐劇の完成に、今は脇目も振らずでしょうし、多分それは団塊世代の、「革命」に夢破れた若き日から抱き続けた敗北感と不遇感の暗い情念の解消願望と呼応しているのでは?

若い世代は、未来の明るさを目指して一票をいれたのでしょう。でも、今のこの国は、彼らを贄にして暗い情念を満たす復讐劇が進んでいるのかもなぁ、という気がします。

なんか、半世紀前の、若い兵士を虚しく死地に送ってヒステリックな銃後の統制生活、敵性語の使用禁止、敵性音楽の禁止、敵の研究は利敵行為だ、という「いつか来た道」の姿が目の前をちらつきます。

|

« 最初っから、日米の同盟破棄が目的なのかもしれませんね | トップページ | 無神経なのか、とぼけた顔した「制圧宣言」なのか・・・ »

コメント

そういえばこの政権は成立すると同時に郵便局を舞台に復讐劇上演してましたね。

投稿: 名無し | 2009年12月11日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46996976

この記事へのトラックバック一覧です: 子供手当をエアー手当にして、なお「緊急経済対策」って何なのだろう:

« 最初っから、日米の同盟破棄が目的なのかもしれませんね | トップページ | 無神経なのか、とぼけた顔した「制圧宣言」なのか・・・ »