« ギラヴァンツ北九州の必勝祈願が甲宗八幡宮で行われるそうです | トップページ | 駄目でした »

2010年1月15日 (金)

Googleと中華人民共和国のチキンゲームと六四天安門事件の戦車の前に立ちはだかる男(TankMan)の写真

Googleが中華人民共和国が行う検閲行為に抗議、撤退も辞さず、と姿勢を硬化させているそうです。
きっかけは、昨年googleが受けたサイバー攻撃が、中国の人権活動家のGメール・アカウントにアクセスすることが目的であったことが判明したためだそうです。誰がアクセスして情報取ろうと攻撃したのでしょうね。
大規模で組織的なものだったそうですが、まぁ常識的に考えてただの好事家の知的遊戯ではないよなぁ・・・。

両者どうするのでしょうか。
Googleは、自分ところから情報が漏れている、さらに提供もしている、その結果、弾圧されたり強制収容所に送られたり"最初から存在しなかったことになった"人権派中国人や彼の支援者がいることを知らぬ顔をしている、と世界で言われたら、いかに中国で儲けられたとしても世界のどこでも使ってもらえないでしょう。そんな監視されているmailや携帯電話なんて、誰が使います?
ここまでつっぱるというのは、自社のブランドを守るための引けない戦いだ、という姿勢を見せているのでしょう。
しかしgoogleが本当に撤退までするつもりなのかどうか?
どうせ百度(Baidu-バイドゥ-)にはかなわない、と判断して撤退するつもりなら、こんな喧嘩を売るような態度をわざわざ取らないのではないか?という気もします。この喧嘩腰が、すなわち交渉を求めるサインなのでは?
でもなぁ、中華人民共和国も監視行為を辞めるつもりはナッシングでしょうね。仮に将来辞めていく気があり、大陸を着々と民主化していく先兵・先導者としての共産党という姿勢をアピールしたいとしても、ここまでGoogleに突っ走しられては今は一切妥協的な姿は見せられないのではないでしょうか。

さて、落としどころはどこだろう・・・。
あるいは、これからのトレンドが「儲かるかもしれませんがうちはやせ我慢します。僕って倫理的でしょ?(本音いうとそんなに儲からないしそろそろヤバそうだしね。今かっこいいこと言った方がブランドにはプラスだし)」と言う"嫌中スタイル"の方向になるのを見越して、なのかもしれません。
さて、明日はどっちだ?

この件の関連記事
米グーグル、検閲めぐり中国当局に反旗
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Technology/node_21757
米グーグル、中国からの撤退を検討
http://jp.wsj.com/IT/node_21662
米グーグル、中国撤退をめぐりトップの意見が衝突
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000309-wsj-bus_all

Googleは「もう検閲には協力しない」という意思表示として、今まで中国語では繋がらなかった情報へのリンクを提供しているそうで、中国国内では存在させなかった 六四天安門事件の時の戦車の前に立ちはだかる男、いわゆるTankManの写真なんかが検索表示可能になっているそうです。
そういえば、久しく見てなかったなぁ、と検索して、私は、下記URLで久しぶりに見ました。
http://l-p-r-4123.up.seesaa.net/image/l-p-r-4123-2008-01-28T20:54:54-2.jpg

|

« ギラヴァンツ北九州の必勝祈願が甲宗八幡宮で行われるそうです | トップページ | 駄目でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/47296912

この記事へのトラックバック一覧です: Googleと中華人民共和国のチキンゲームと六四天安門事件の戦車の前に立ちはだかる男(TankMan)の写真:

« ギラヴァンツ北九州の必勝祈願が甲宗八幡宮で行われるそうです | トップページ | 駄目でした »