« 「遠くへ行きたい」と角文研の五周年大会 | トップページ | さっきの夕日 »

2010年1月24日 (日)

検察リークの問題は本筋ではないけど・・・

検察リーク問題が盛り上がっている、のかな?

検察がリークしている、けしからん!って主張を見聞きすると思うのですが、
この場合のけしからんは、「正しい情報だけど漏れている」ことが許せないのでしょうか?
それとも、「検察はデマを飛ばしている」と怒っているのでしょうか?

今回の問題は、
刑法上は小沢さんが汚職していたか否かだし、
政治的には、そんな人に自分たちの生命財産を守るべき権力を信託してもよいのか、ということでしょ?

そして、両者が逆の回答になることは十分ありうるわけで、金まみれでも有能だし一線超えないと信頼できるから働いてもらうとか、いい人で正義の人なんだろうけど無能だから頼むからやめてほしいと判断される政治家もいるわけで、だから、田中角栄さんとか逮捕までされたけど、刑事事件は自分の一身上のこととして政党の籍を離れて政治活動をしたし、そういう折り目切り目のある田中さんだからこそと見込んで安心して声援をおくった国民は多いし、「俺の趣味は田中角栄だ」と公言する盟友もいたし、政治家としては常に議会に居続けることができて闇将軍として君臨もできたわけで、昭和の時代、汚職との戦いも熾烈なら"推定無罪"の原則も生きていたように思います。それって、日本人が二つの価値観を使い分けることができた、ということでは?

そんなこと考えながら民主党の打倒検察権力の振り上げた拳の力強さを見ると、「この人たち、権力預けて大丈夫だろうか?なんかすごい視野狭窄なんでは?」という気にさせられます。
「そんなところに座って吠えてないで、じゃぁ文屋が情報集めるということはどういうことか、実際に来てやってみろ」という下記動画のコメンテーターの主張はなかなか興味深いです。
YouTube - 10.1.20.青山繁晴がズバリ!2/6
http://www.youtube.com/watch?v=Md4gV5bvvu8

因に、この人の場合は「ありもしない事件をでっちあげられた」と主張しているわけで、怒りも悔しさもあるのだと思うのですが、明白に民主党支持を打ち出している以上、今それで打倒検察を言えば、政治的な目的を疑われてもしかたがないだろうな、と思います。
検察リーク問題が盛り上がっている様子。堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」by Ameba
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10439617760.html

で、これは聞くほうが野暮でしょうね。「えぇやってましたよ」と言ったら、自分の手も後ろに廻るわけで、んなこと言うわけがない。
検察はマスコミにリークしてる? 元特捜検事の回答は…
http://www.j-cast.com/tv/2010/01/16058065.html

ところで、今は国会開催中ですが、そうなると小沢さんは逮捕されない特権があるわけで、それ一つ考えても仮に「風説の流布」で小沢さんを犯罪者にでっち上げようとしているのなら、長考できる小沢さんに状況は最初から圧倒的に有利な筈では?
本当は小うるさい政治家の汚職摘発騒ぎを以後不可能にさせるべく、検察にお灸をすえるため小沢さんの体を張った罠説まで囁かれるのも分かります。

逆に、小沢さんが真っ黒だったとして、今回小沢さんが勝ったら、以後は何か貰ってその代償に政治をしたとしても、多分刑事事件として摘発されるという形のストッパーはなくなるか、少なくとも非常にハードルは高くなるのでしょうね。
別に土建屋ではなく、特定業界の団体や労働組合、果ては近隣大小諸国まで、「新興衰退国」とゆやされても腐っても経済大国ですから、利権にしうるものは一杯ありますので、政治家に対して甘い誘いには事欠かないでしょう。刑法的ストッパーを破壊した後、どうやって政治家を甘い誘いから牽制するか、果たして正義の反体制政権党にそういう算段はあるのやら・・・。

大体もうすぐ新年度ですから、指揮権なんて言わなくても、気に入らない検察官はばらばらに移動させて継続的捜査体制を破壊して、何も無かったことにするのも行政権力を預かっているならとうぜんできるわけで、日本国の首相はそのあたりまで視野に入れて「どうぞ戦ってください」と言ったのだろうか・・・。

|

« 「遠くへ行きたい」と角文研の五周年大会 | トップページ | さっきの夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/47376913

この記事へのトラックバック一覧です: 検察リークの問題は本筋ではないけど・・・:

« 「遠くへ行きたい」と角文研の五周年大会 | トップページ | さっきの夕日 »