« 和布刈(古城山)の山桜 | トップページ | 「前田日明参院選出馬取りやめに」双方のために良かったのではないか、という気がする »

2010年3月23日 (火)

google大陸撤退。Stasigle(シュタージとしての検索サービス)拒否の姿勢を貫く

前に書いたgoogle VS 中華人民共和国の争い、googleは自社のブランドを守るために大陸撤退を決定したそうです。(前に書いたのはこれ)
特定の国家において、統制支配の道具としての検閲装置"Stasigle-シュタージとしてのgoogle-"となってお金儲けを許していただくことは、世界全体では自分の立場を貶めることになる、という判断なのでしょうね。

米グーグルが中国本土の検索サービスから事実上撤退、中国は反発
[サンフランシスコ 22日 ロイター] インターネット検索世界最大手の米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)22日、中国語のネット検索サービスを香港を経由して行うと発表した。
 中国政府がネット検索業者に求めている自主検閲を回避するための措置で事実上、中国本土の検索事業から撤退となる。ただ、中国本土の検索以外の事業は継続する方針。
 グーグルの発表に中国政府は反発。新華社は23日、インターネット規制の監督業務の一端を担っている国務院新聞弁公室当局者の談話として、グーグルが自主検閲を停止したことが「書面での承諾」に違反した行為であり、「完全に間違っている」と報じた。

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-14456120100323?sp=true

「書面で約束したのに背いた」って、こういう非難しかできないってのは痛過ぎでしょ。鼎の軽重を問うという言葉が貴国にもあるじゃない。倒産も撤退も「いやなら辞める」は自由な権利ですがな。
どうせ香港経由の検索なんて、そっち(人民共和国)で切ったらいいだけのことだし、どうせ切るでしょ、そのうち。
「中国にしか経済成長はない。中国に馴染まなければ世界も自分も未来はない」
と誰もが信じるようになる、その結果世界が人民共和国の"法と指導"に服さざるをえなくなり、それ(人民共和国)からみて自分は正しく考えているかかどうか気にするのが常識になる、ってのが人民共和国の世界戦略だったのかもしれませんから、「いえ、うちはお宅とはつき合わなくてもいいです」という例外が居ることは許されないことでしょうね。

今から、色んなgoogleへの悪評とか、買収マネーゲームとか、訴訟騒ぎとか、googleに悪かれという騒ぎが持ち上がるような悪寒。グーグルフォン大丈夫かな?色々と陰湿な嫌がらせだってありそうな気が・・・。

まあ負けずに頑張ってください。
実は、webプラウザーにchrome使おうと思っていたので、骨のあるところを見せてくれたので、これでちょっとは安心して使ってもいいかも、とか思ってしまった私です。

因にシュタージについての説明はこちら。シュタージ - Wikipedia

|

« 和布刈(古城山)の山桜 | トップページ | 「前田日明参院選出馬取りやめに」双方のために良かったのではないか、という気がする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/47889769

この記事へのトラックバック一覧です: google大陸撤退。Stasigle(シュタージとしての検索サービス)拒否の姿勢を貫く:

« 和布刈(古城山)の山桜 | トップページ | 「前田日明参院選出馬取りやめに」双方のために良かったのではないか、という気がする »