« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

老松公園の桜

老松公園のグランドの脇に咲いている桜です。
定時であがる仕事帰りの風景。

20100329dsc03033

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月30日 (火)

昼下がりの光 小倉城にて

あまり昼ということも小倉城ということも関係ない画像ですが・・・。

20100330dsc02977

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

小倉城の桜二題

今年も桜の季節ですね。昨日、小倉城に行ってみたのですが、八部咲きというところでした。
あまりゆっくりもしなかったし、凄く気合い入れて撮ったわけでもないのですが、とりあえず下記のようなのとか撮りました。
なんか、去年撮りまくったので満足しているのか、今年は「撮らねば」的な切迫感って感じてないなぁ・・・。
それにしても昨日は静かで良い日曜日でしたね。(転勤を控えた私にとっては、嵐の前の静けさ、という感じでもありました。)

20100329dsc02987_2

20100329dsc03004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

テルマエ・ロマエ

こんばんわ。平たい顔族の魚住です。
テルマエ・ロマエ、極東blogで紹介されていたので気になって買ってみました。
二千年の時と万里波頭の距離を超え、本朝と古代ローマという、偉大な両民族が共に抱く風呂への情熱がもたらした、惹かれ合う魂を繋ぐ奇跡の出会い云々・・・、ってアホな説明は辞めて、どんな漫画なのか知りたい方は、極東blogをお読みください。
[書評]テルマエ・ロマエ Ⅰ(ヤマザキマリ) : 極東ブログ

いや、おもろいです。お勧め。ただし、一方的にローマ人が平たい顔族(日本人)の風呂文化に驚き学んで行くってところは微妙に太鼓持ち風味になってないか、という気もしますけど^^;

読んでいるうちに、先日ボンペイ展を見に行った時の復元された当時の金持ちのユニットバスシステムの展示を思い出しました。材料が大理石という贅沢を除けば、普通に給湯装置付ユニットバスシステムとしかいいようがない。日常生活には風呂があって一汗流すのは当然ではないか、という「こだわり」というより「常識」を彼らは持っていたのかなぁ、とその狭い浴槽を覗き込みながら微妙に感心しました。
因に、彼らがお祀りしていたという多種多様な神像の出土品も見たのですが、どうにもフィギアにしか見えない。入浴習慣にフィギア収集・・・。塩野七生は「ローマ人の物語」を書くにあたり、確か「異教徒で多神教の我々でなければ語れない彼らがいる」とインタビューに答えていたような記憶がありますが、本当に、妙に似通った生活スタイルをもっていたのかもしれません。両方とも魚食いだし・・・。

と、いうことでこの漫画、今後の展開も楽しみです。
作者ご本人は、
風呂文化も去ることながらこの当時のローマの日常生活という世界にスポットを置いて話を進めたいと思っているので、ハドリアヌスの時代にローマではローマ人がどのように生きていたのかと言うことをネチネチと描いていくことになると思われます。
とのこと(ご本人のblogのここから引用)。
いや、私的には歓迎です。帝政末期、キリスト教価値観オンリーの文化大革命を受けてしまったローマは、一神教徒の目でしか見られることなく、一神教徒の価値観に従って全ての歴史が書かれ、法体系だって特定価値観で取捨選択されているので、共和制から五賢帝時代の輝かしい日々のローマ人の有り様も喜怒哀楽も秩序意識も、実は"消された歴史"かもしれませんから、色々書ける余地はあると思いますし。

読んで、あぁー久しぶりにスーバー銭湯行ってみようかなぁ、という気になりました・・・。
そういえば、昔スーパー銭湯を成長戦略とコミュニティ再建のコアに、という馬鹿話を書いたなぁ・・・
ちょっと懐かしいなぁ。MSNに金春湯が紹介されている: 門司港に暮らしながら-ココログ別館-

因に私は銭湯育ち。在りし日もの門司港の銭湯について下記の「思い出の銭湯」コーナーとかもごらんください。
http://mojiko.com/retoromoji/retoromoji.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

蛸の滑り台で撮った画像

子供をめかりの蛸の滑り台へ連れて行くついでに撮影した画像たちです。

20100326dsc02892

20100326dsc02904

20100326dsc02885

20100326dsc02886_3

20100326dsc02898

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

「前田日明参院選出馬取りやめに」双方のために良かったのではないか、という気がする

元UWF(って、説明はそれか)の前田日明の民主党からの参議院選挙立候補が取りやめになったそうです。

出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒
出馬辞退の前田日明氏、会場なく会見中止

既にTwitterやmixiボイスでは呟いているのですが、参議院選立候補って話を読んだ時、唐突に最初に浮かんだ感想が「不潔」だったんです。
あまり脈絡なく書き散らかして申し訳ないのですが、レスラー・格闘技経営者としての前田明のキャラの為には、話潰れてよかったのではないかなぁ、という気がします。

例えば、この動画の登場人物が前田日明だったら、と想像してみてください。
YouTube - 民主党 横粂議員のインタビューを遮る萩原仁議員

政治家としての意見を求められてマイク向けられて喋っている時に、「前田、あかん、こっち来いや」とか止められて顎で扱われている様なんて、想像できないでしょ?さらに、次の瞬間そんな横柄なあしらいした"同じ一年生の先輩議員ふぜい"が床で悶絶してないなんて、そんな大人しい羊さんは前田日明じゃないでしょ?
さりとて、「相手が前田明なら怖いから許す」、というのなら、この政党の政治家は脅せば言う事聞く"強きに身を寄せ弱きを挫く人たち"、と思われてしまうでしょう・・・。

だから、取りやめは双方の為なのだろうと思えてなりませんが^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

google大陸撤退。Stasigle(シュタージとしての検索サービス)拒否の姿勢を貫く

前に書いたgoogle VS 中華人民共和国の争い、googleは自社のブランドを守るために大陸撤退を決定したそうです。(前に書いたのはこれ)
特定の国家において、統制支配の道具としての検閲装置"Stasigle-シュタージとしてのgoogle-"となってお金儲けを許していただくことは、世界全体では自分の立場を貶めることになる、という判断なのでしょうね。

米グーグルが中国本土の検索サービスから事実上撤退、中国は反発
[サンフランシスコ 22日 ロイター] インターネット検索世界最大手の米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)22日、中国語のネット検索サービスを香港を経由して行うと発表した。
 中国政府がネット検索業者に求めている自主検閲を回避するための措置で事実上、中国本土の検索事業から撤退となる。ただ、中国本土の検索以外の事業は継続する方針。
 グーグルの発表に中国政府は反発。新華社は23日、インターネット規制の監督業務の一端を担っている国務院新聞弁公室当局者の談話として、グーグルが自主検閲を停止したことが「書面での承諾」に違反した行為であり、「完全に間違っている」と報じた。

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-14456120100323?sp=true

「書面で約束したのに背いた」って、こういう非難しかできないってのは痛過ぎでしょ。鼎の軽重を問うという言葉が貴国にもあるじゃない。倒産も撤退も「いやなら辞める」は自由な権利ですがな。
どうせ香港経由の検索なんて、そっち(人民共和国)で切ったらいいだけのことだし、どうせ切るでしょ、そのうち。
「中国にしか経済成長はない。中国に馴染まなければ世界も自分も未来はない」
と誰もが信じるようになる、その結果世界が人民共和国の"法と指導"に服さざるをえなくなり、それ(人民共和国)からみて自分は正しく考えているかかどうか気にするのが常識になる、ってのが人民共和国の世界戦略だったのかもしれませんから、「いえ、うちはお宅とはつき合わなくてもいいです」という例外が居ることは許されないことでしょうね。

今から、色んなgoogleへの悪評とか、買収マネーゲームとか、訴訟騒ぎとか、googleに悪かれという騒ぎが持ち上がるような悪寒。グーグルフォン大丈夫かな?色々と陰湿な嫌がらせだってありそうな気が・・・。

まあ負けずに頑張ってください。
実は、webプラウザーにchrome使おうと思っていたので、骨のあるところを見せてくれたので、これでちょっとは安心して使ってもいいかも、とか思ってしまった私です。

因にシュタージについての説明はこちら。シュタージ - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

和布刈(古城山)の山桜

連休は、風邪が抜けないまま、体をだましだまし子供を和布刈に遊ばせる日々でした。
(土曜日に無理して周南の美術館まで林忠彦の作品を見に行ったのも、結構響いたみたい)

古城山の和布刈山荘前の公園に、一足早く咲き乱れる山桜の木が一本あります。この時期子供たちは花の下で花なんか気にもせず駆け回って遊んでいるわけです。
今日行ったら、いい感じに咲いてました。

下記の通り去年も撮ったのですが、今年もつい撮影を
古城山に一本だけ満開の桜

20100322dsc02927

20100322dsc02936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

今ごろ知ったけどこれは酷い 日教組がカンパ金を連合へ・・・

今ごろ知ったけどこれは酷い。
貰ったのが連合というのがまた救いがないと思う。

MSN産経ニュース 日教組が連合に1億円寄付 子供救援名目、政治行為か?
2010.3.19 11:45
 日本教職員組合(日教組)が交通遺児らの支援を行う「あしなが育英会」などに寄付するとして、「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。このうち3750万円が逆に連合から日教組側に「助成金」として交付され、朝鮮学校へ通う子どもの就労支援に使われたとの報告例もあった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100319/crm1003191148003-n1.htm

少なくとも連合は、早急に組織としてコメントくらいリリースするのが最低限の対応だと思う(連休関係無し)けど、もう出ているのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

明日ストーンスープがまた開くらしい 3/21(日)昭和レトロ館×カドヤ(仮)×旧・門司文化服装学院

栄町の昭和レトロ館と中央市場の旧ストーンスープ、そして庄司の旧門司文化服装学院の三会場をワンセットにしてイベントが開催されるそうです。

日時:2010/03/21(日)11:00〜
栄町銀天街・昭和レトロ館 にて北九州大学の学生さんたちが企画・準備したオープニングイベント

13:00〜16:00
庄司町・旧門司文化服装学院にて、
北九州市立大学JAZZ研究会K&K ジャズ生演奏:参加費無料
(青空カフェ ベーグル・コーヒーの販売 芋洗坂係長の芋焼酎販売実施)

16:00〜22:00
中央市場・カドヤ(仮・旧ストーンスープ)にて、
芋洗坂係長ライブ
(青空カフェ ベーグル・コーヒー 芋洗坂係長の芋焼酎・ビールなどのカフェ&バースタイルの販売)

ストーンスープ、閉まってしまいちょっと残念だな、と思っていましたが復活歓迎です。
中央市場のストーンスープ
しかし、あの狭い空間で、あの巨漢の芋洗坂係長のライブって、すごく濃いような・・・。

20100320_51441580_69

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

転勤します

門司港の魚住です。
内示が出てオープンにもなったのでご報告。
転勤します。
四月から郵便事業会社の行橋支店業務企画室勤務となります。
日豊線ぞいの街はあまりご縁がなかったもので、どういう街かイメージが湧きません。
ご存知のことがあれば、色々お教えくださいm(..)m

職場は遠くなっても、住処は変わりませんので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(..)m

うーん、体調劇悪で少し動き回ったのでばてた。
なんで転勤申し出たかとか、色々はまた今度にでも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

八幡クロニクルシンポジウム

明日、八幡クロニクルシンポジウムというイベントが開催されます。

八幡クロニクルシンポジウム 
かつて「近代」そのものが剥き出し、様々な夢が交錯した場所、八幡。現在、この街には何が必要なのでしょうか。シンポジウムでは、未来をつくるネットワークとは何か、「目に見えるもの」から「目に見えないもの」を見出す“記憶にふれる想像力"とは何かをめぐって語り合い、「未来」を見出しつくりだすための礎とは何かを模索します。

◆◆ 「八幡の夢−記憶にふれる想像力−」 ◆◆

 日 時 : 3/20(土)
 会 場 : 八幡東生涯学習センター・講堂
        北九州市八幡東区平野1-1-1 tel.093-671-6561

 時 間 : 午後1時〜3時          【入場無料】

 金子 毅 / 聖学院大学政治経済学部非常勤講師など 
         (文化人類学・民俗学を活用した経営文化論を模索)
 市原 猛志 / NPO法人 北九州COSMOSクラブ理事、博士(工学)、九州伝承遺産ネットワーク理事、産業考古学会評議員(福岡県)
 山本 宰 / 元福岡市総合図書館映像調査員、FMF
 
 進行:谷口幹也(八万湯プロジェクト・九州女子大学/藝術教育学)

八幡クロニクルは、2010年3月、「夢の記憶、八幡の未来」をテーマに「八万湯プロジェクト」という現代アートの試みの一つとして開催されるそうです。
八万湯プロジェクトとは、「ヒト・歴史・地域が出会い、つながる」をテーマとして、地域の内外の人々との多様な交流の場を創造しようという試み。
アーティスト、キュレーター、研究者、企業家など地域のさまざまな活動家を機軸とするクリエイティブ・ネットワークを構築し、各種プロジェクトの企画運営、アート・エキシビジョン、ミーティング・テーブル、ワークショップ等の参加型の活動をとおして、都市問題の文化的イノベーションをめざす活動を展開しよう、というものです。

と、いうことで、パネラーは「八幡製鉄所職工たちの社会誌」を書かれた金子毅氏と庵田さんのお二人というばりばり硬派な学術系なんですが、でもこれアートのイベントだったりします。

イベントのwebsiteはこちらです。
現代アート展覧会の八幡クロニクル

面白そうだから身の程知らずに覗いてみたい気持ちは一杯なのですが、今日は風邪が悪化してヘロヘロで臥せっています。あぁー素晴らしい晴天なのに・・・。
果たして明日復活できるかどうか微妙なのですが、明日復活できたら周南市美術館まで行く必要があって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

松浦晋也氏の東京都の「非実在青少年規制」についての反対意見

松浦晋也氏が東京都の「非実在青少年規制」について、下記反対意見を表明しています。
「緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている」:「人と技術と情報の界面を探る」(PC Online)
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100317/1023686/

私の意見ですか?
皇帝のものは皇帝へ。しかし神のものは神へ

厭う自由は誰にでもあります。なんらかのフィルタリングが必要だろうと、本屋で無造作に置かれている雑誌には思うこともあります。(私も娘の親なんですよ)
しかしそれを「裁けるのは誰なのか?」には神経質になった方がよくはないかと思いますが、いかがでしょうか?

役人が自由に猥褻か否かの価値判断して誰かを犯罪者として摘発できる力を与える、そうすればオートマチック&合理的に最短距離でデオドラントな罪なき楽園ができて善人たる自分たちは悩みなく憩える、という幻想は非常に危険ではないか、と。
少なくとも、大人っていう"脛に古傷の一つや二つは持っている奴ら"の知恵ではないよなぁ・・・。
いや、だからといって、この「空フェス」は大の大人がそれはなぁ、とも思ったのですが、しかしこれを官吏が犯罪として一斉検挙する、という姿の方がより好ましいとは私は思いません・・・。
なぜ『空飛ぶパンツ』が商品化され『空フェス!』が開催されたのか? - [NKH] ニコ生企画放送局

第一、考えてみてください。「何を」猥褻とするかは取り締まる方が一方的に決められるんですよ、理屈と膏薬はどこにでもつくのですから、「それは偉大な党を侮辱しており猥褻である」とか「革命精神が足りない卑猥なものである」とか「人民を惑わすエロであり仕分ける」とか言われて、猥褻の口実の下に政治的弾圧とか可能かもしれませんよ。名付けて"別件逮捕"ならぬ"別件弾圧"
こわいでしょ?

法は、非力な市民の寄る辺で、権力は、松明を掲げて正義の鉄槌を下そうという蜂起した人民のリンチの津波から、価値判断に囚われず個々の市民を守る堤防でもあるのですから、逆の抑圧装置になるような仕掛けをつくるのは注意しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

湾内に憩う朝

陽の昇らない朝の静かな情景です。

20100317pict4464_2

飲み込める喜び・・・。
昨日一日、つばを飲み込むのも喉に激痛が走り辛かったのですが、今朝は"ちょっと痛い"レベル。
頭の重さと節々の痛みはまだ引きませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

夢は枯れ野を駆け巡る


20100316pict1482

うーん、ぼーっとする、体の節々が痛い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

北九州市民サミット 開催案内と当日運営スタッフの募集

スタッフMLに流れてきましたので転載します。今年も動きの悪い私で申し訳ないです。

つながる市民活動
 【北九州市民サミット2010】
     ボランティアだよ全員集合!!

第5回目となる「北九州市民サミット」。
今年も市民のみなさんのさまざまな活動発表を行います。

前日と当日の運営スタッフを募集します。
市民サミットを一緒につくっていただける方、
お待ちしています。


前日準備:2010年4月10日(土)19時〜21時
当  日:   4月11日(日)8時30分〜17時30分

会場:イオン八幡東ショッピングセンター
   1階ひまわりの広場・いちいがしの広場・つづじの広場

内容:●会場設営
   ◆お昼休みのチラシ配布 ほか
   
   *3月末までに、ご連絡ください。
   *お揃いのユニフォームを用意します。
   *費用弁償はありません。

申込・問合先: 北九州市民サミット実行委員会 
        事務局 司城(しじょう)
        メール:kyouunshi@yahoo.co.jp 

今年の公式blogはこちらです。


過去のサミットについては下記をご覧ください。
2006 http://mojiko.com/NPOsummit/2006/
2007 http://mojiko.com/NPOsummit/2007/
2008 http://mojiko.com/NPOsummit/2008/index.htm

ごめんなさい、昨年2009はサイトつくれなかったのですm(..)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました。めかりのたこの滑り台

前に建設中のところを見つけて紹介した和布刈のタコ型滑り台、週末で正式なオープンとなり、娘にせがまれて日曜日に行ってきました。
(娘は土曜日も祖父にせがんできっちり遊んできた筈だが・・・)

滑り台を含む潮風広場の詳細については、門司港の景色さんが解説をupされてますのでご覧ください。
これこのエントリー。

ここはいいですね。子供遊ばせに来るのにちょうどいいです。
旧客車で雰囲気一杯の喫茶スペースのかんもん号もとてもいい感じの空間ですね。まったりと本でも読みたいところですし、いつかご縁があれば個展会場に使わせて貰えればなぁ、とか思いました。

ただし、今から花見のシーズンですから、当分は凄い混雑になりそうだなぁ・・・。

20100315pict1606_2

20100315pict1596_2

20100315pict1601_2

20100315pict1598

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

そういえば、桜咲いてます

門司港駅の前、旧三井倶楽部の庭の桜は咲いてました。
あの桜は毎年一足早く咲きますね。
画像は、娘が拾った土の上に落ちた花を部屋で水に浮かべたもの

そういえば、この時も門司ヶ関人形見に行った時だっだ。

20100314pict1579

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

「門司ヶ関人形展」が開催中 それと潮風号運行再開してます

今日から月曜日まで、上村さんの門司ヶ関人形の展示即売会が開催されてます。
「門司ヶ関人形展」
■3月13日(土)〜3月15日(月)
■旧門司三井倶楽部 1F
■午前10:00〜午後5:00
(最終日は午後4:00まで)
■福岡県北九州市門司区港町7
■門司港レトロ倶楽部
 093-332-0106
website http://www.geocities.jp/mojigaseki/01/

新司の初節句に金太郎作ってもらって、もう一年もたつのかぁ・・・。
時間のたつのは早いものですね。
(その人形の画像はこちらです)

展示会、期間は短いのですが、ぜひ。

それと、今日から門司港には潮風号がまた走っています。
こんな画像の風景がまた普通にある9ヶ月が始まりました。

20100313pict1574

20100313pict1576


20100313pict1573

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

なんで、今ごろこんな基本的なことが??

在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100311/plc1003111306007-n1.htm

 戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日、分かった。自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省が明らかにした。
 資料は34年7月11日付で、245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」と結論付けている。

今になってこういう資料開示が報じられるって、どういうことだろう?
これ(戦時徴用)一体何人なのか?ってことは全ての議論の基本だと思うけど、今まで具体的人数って議論されたり確定されたりしないまま、いい加減なイメージだけで議論されたり政策が決まったりしてきたってこと?

今までこの国って何してきたのだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

リフレインが叫んで困った話

昨日のことでした。
書留ラベルをガチャンガッチャンと貼ってる最中に、とーとつに子供の頃のテレビ番組のテーマソングが頭に浮かんできて止まらなくなり、歌詞口ずさみそうになってこまりました。

だって、浮かんできた曲がこれだもん。若い子、知らないでしょ。
「死ね死ね団のうた」
YouTube探したら、ありましたよ。これとか、シーシェパード版のこれとか。
お勧めは南無越月琴で演奏しているこれ

危なかったなぁ、黙々と書留の引き受け処理しながら、「死ね死ね死ね、死ね死ね死ね」とかぶつぶつ口づさんでいる中年のおじさんが職場にいたら、やばいでしょ。春先なんだし。
どうみてもキ印だわさ。


まぁ、現職大臣が、いかに国を転覆させるか思案しているとテレビで喋り(しまった失言だ、とばかりに訂正するところが痛すぎ)、われら国民の頭領たる首相は「9.11はアルカイダの犯行ではない」と公言する議員を懐刀にしている、ということですから・・・。
"平たく言ったら「まともじゃあない」" by 松本徹三氏 inアゴラ
と評されているようなこの国では、春先「死ね死ね死ね」と口ずさみながら黙々と仕事している人間である方が正しいのかもしれない。
奇麗は汚い。汚いは奇麗、って気もするのですが。ハァー(ため息)。

まぁ私は他人のことを「歴史観が間違っている」とか指摘して恥じない真性ファシストには堕したくないから、原口大臣についても藤田幸久議員に対しても、個人の信念の部分に正邪の判断はしないけど、政治家として、そして我々の選良としての是非と能力という点では、
駄目なんじゃない?この人たちと思わざるを得ません。哀しいかな。どこかニュートラルじゃない力みというか、歪みを感じてしまい、そこに権力を預けたら、なんとかに刃物になりそうな気配がしてしかたがないです。

原口氏の国家転覆発言
http://www.youtube.com/watch?v=yJr_I8lQ2K8
「9.11はアルカイダの犯行ではない」という信念をお持ちの方を鳩山首相が重用しているらしい件
ワシントン・ポスト社説に取り上げられた民主党藤田幸久氏の持論: 極東ブログ

えっ、いい年こして死ね死ね団のテーマソング唄いそうになったヤツに言われたくない?
まぁ、それが道理というものですが。
(おちないなぁ、この話・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月10日 (水)

よく言うよ北沢俊美民主党防衛大臣と思った事

普天間問題と年金制度改革で与野党協議を進めるべきだ──「野党精神」なる戦後民主主義の遺物との国民的格闘として:フリーライター宮島理のプチ論壇
http://miyajima.ne.jp/index.php?mode=res_view&no=379

ってのを読んでお茶吹きそうでした。

 北沢大臣は7日、「(普天間問題は)ややもすれば政争の具にされ、『できなかったら辞めるのか』と、こればっかしだ。自民党は『私たちも協議に乗るから一緒に考えよう』と言うくらいの国士的な思いがあっていい」と発言した。言っていること自体はまったく正しい。

あのさー、この間まで民主党は何してたの?日銀の副総裁人事決めるときだって、どう行動したの?
民主党は政局を自分たちに都合良くするために何をしてもよく、他人は"国士として行動"しなければならない(=為政者-自分たち-へ献身しなければならない)。というのが民主党の俺様ルールなの?

大体、普天間問題ってアメリカが無法な要求を突きつけて来たわけでもなく、自民党が無責任に投げ出した後始末しているわけでもなく、自分らがちゃぶ台返ししておいて、「私を信じて」と大見得切っただけでしょ。
何のため? 政局のためじゃないの? 自民党を窮地に陥れるためじゃなかったの?
その仕掛けは着々と成功してるじゃん。今の地元のキーマンは連立与党の地元議員さんでしょ。これで自民党の沖縄の土建利権は連立政権に取り込んだってことなんじゃないかな。
だったら、灰神楽立てた掃除も国家として自分でするのが筋ってもんだし、それができて始めて為政者として信頼されるというものでしょう。
「とんでもない汚い手も考えつくしつかってくる。だが尻は自分で拭くし下についたらぜったい食わせてくれる」と思われてこその代貸・頭だと思うのだが・・・。

それにしても、民主党や郵便局に批判的な発言すると、なんか黙らせよう意欲満々の口汚い反応が返ってくる事例が多いような気がするのですが、なんか組織的監視機関でもあるのかって勘ぐってしまう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

徴兵検討騒ぎ あぁ、そういうことか

先日、ふって湧いたように自民党が徴兵制度検討と報道されて、次にこれが発表される、と。
そして右傾化は進む。 - 堀江貴文オフィシャルブログ - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4647021/

ふーん、そういう仕掛けですか。とっても分かりやすくていいなぁ。
とか、ついとっても下世話な感想ですけど思ってしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供手当は国民福利の施策なのか、日本人の納税の世界への垂れ流しなのか?

昨日、「子供手当は在日外国人の母国に残した子供にも出る」という話を耳にして、
へっ? と驚きました。
どうもネットではかなり前から沸騰していたみたいですが、特に関心もないので気がつきませんでした。
我が家も児童手当は支給されているので興味はあるのですが、正直手に余る話なので、関連ありそうな以下のサイトにリンクをはっておきますのでご一読されて、よかったら私にも分かるように批評・解説おねがいしますm(..)m

wiki : 児童手当
wiki / 子供手当法案
教えてgoo 「子供手当が在日外国人の母国に残した子供にも出るって必要ですか?」
問題視している人たち
【ネットEYE】新もりもりの「今」を読むブログ
子ども手当の支給要件|青森県民よ!外国人地方参政権に反対の声を挙げよう!
荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感: 海外在住外国人児童への異常な児童手当支給について質問!


子供手当には別の意図が狡猾に隠されている、外国人参政権、外国人住民基本法案と三点セットだ!、とボルテージあげている人もいるみたい・・・。
まぁ読んでいると、「黒い心に対処できない制度設計ミス」とかではなくて、意図的にそういう穴をあけようとしているように見えてくるからさぁ不思議だ^0^
きっと悪の結社死ね死ね団日本支部民O党ら与党は、日本人から勤労意欲を削ぎおとし、子供手当待ってパチンコ通いの日々という、さながらローマの平民の現代版を押し進め、社会主義的諸政策で社会の富は税金として集約、妙な水路をつくってごっつぁんですしようとしている、ように見えてしまう。うん、きっとそうに違いない。これはとんでもない謀反人だ、ただちに・・・。

などというエスカレートする妄想はともかく、実際児童手当について他国の支給要件ってどうなっているのでしょうね。どこでも、国に置いてきた子供も対象にして国内にいる出稼ぎ親に対して支給するようになっているのでしょうか?
それと、いっそ出稼ぎ親に無分別に支給をどんどん大盤振る舞いしたとして、一体どのくらいのお金が国内で流通せず流出することになるのでしょうか?それはどんな影響を世の中に与えるのか?
そのあたりの解説ってないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 8日 (月)

good Laboratory Practice 〜読書メモ

good Laboratory Practice
人間は常に間違える。忘れる。混乱する。
だから、それをしないように注意するのではなく、それがおこらないための方法論を考えよ。
あるいはミスが起ったとき、その被害が最小限に留まるような仕組みを考えよ。
それが君たちの仕事だ。

             by  エフレイム ラッカー

去年の11月、小倉で開催された「とほほん市」で福岡伸一氏の「生物と無生物のあいだ」を手に入れて、今は同じ著者の「世界は分けてもわからない」を読んでいます。(その頃のblogエントリー)
上記の一文はその著作中にある配下の実験室ポスドク達へ分子生物学のドンが命じた台詞。
まぁいい加減指摘されすぎてしまった指摘ではありますが、なんか気になったのでメモ。

この福岡先生って、なんか惹かれる文章気書かれる方ですね。この人が「幾何学的な美をもつ」と絶賛する須賀敦子さんという方の文章、探してみようかなぁ・・・。

そういえば、とほほん市、第三回が今月末に開かれるそうです。
とほほん市 公式ページ
http://tohohon.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日の中の雲

朝の光の黄金色って難しいです。

20100308dsc02433_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

はぁ徴兵制・・・。バカな戯言でも読んだか^0^

降って湧いたような話ですが、徴兵制が話題なんだそうです。
なんでも共同通信「だけ」が自民党が徴兵制度の導入を検討していると報じているとのこと。
「自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ」
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030401000592.html

てぇへんだ、てぇへんだ、と触れて廻ったかどうかは知らないけど、徴兵ねぇ・・・。もしかして、熱のある時にこのおバカな戯れ言でも読んでうなされたのかな?
「雇用のない荒野」日本の若者への一時的救済方法

下記blogで言うところの、"湯浅誠が言うところの「溜め」"を若者に与える機能は、まぁ確実に期待できるでしょうね、あまねく公平に。(どこぞの顔の大きな政治家は、郵便局がそれをできるのだとの信念みたいですが、どこをどうすればそんな社会的役割が果たせる万能有能組織なのか、私には皆目分からない。)
笑い事ではなくなってしまった都市伝説をみっつを論破するを一つ論破する - 404 Blog Not Found -

まぁどこぞの大きな人民共和国ではないけれど、寄る辺なく漂う若者たちにとって、一定期間の兵役も一つの救済かもしれませんな。
その期間は生活の保証に勤労の安心感があるし、将来の為に勉強する機会も持てれば、社会の守り手をきちんと勤めたという無条件の名誉と達成感、そして寝食と危険を共にする連帯感を分かち合う腐れ縁の仲間を手に出来るのですからね。
それって、今の日本が若者の生活から奪ったものばかりでしょし。

徴兵制ってね、敷いたら年寄りが無条件に「俺は若造より偉い」とうぬぼれることはできなくなりますよ、多分。だって、どんな髪型してようとガムかじっている腰パンツ野郎でも、「俺は体はってここ守ってんだ。なんかあったら俺らの背中に隠れてろ」と言えるようになるから。
昔の田舎の村社会とか、そういう形で若者に対する敬意が払われる部分が確固としてあって、それで老若のバランスが出来ていたのではないかなぁ。
だから、年寄りの政治家にとって徴兵制度は諸刃の剣。自分の権威が落ちるかもしれない、巨大な敵対勢力を育てる可能性がある、という感覚くらいあるでしょう、政治家なら。
だから、不用意に言い出さないと思うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

夜明けの情景 20100305up

雲の向こうに夜は明けている。

20100305dsc02608_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曇天が晴れて光差し出す朝、というイメージ

曇天が晴れて光差し始めた朝、というイメージですが、どんなもんでしょうね。

20100305pict4327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

出航。朝の光の中で 水面と空の狭間にて

出航。
朝の光の中で
水面と空の狭間に

20100304pict4420_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

捏ねた、じゃない小ネタ(つまらん呟き)

さっきまでのtwitterでの戯言呟きの記録

1.今の今まで誤解していた恥ずかしい間違い 。
不正献金で話題の「北教組」、「北朝鮮教員組合」の略だと思ってました・・・。

2.報道行政の総元締の総務大臣が国会に遅刻。
 本当の理由はtwitter打つのが忙しいからだったりして。
 (こんなものどこがそんなに魅力的なんだろう?)

3.国会で遅刻を責められた大臣「達」はなんて言ったのだろう?
「ちっ、うるせいな。はんせいしてまーす」だったりして?

ものの15分の間にこんなつまらんことくっちゃべってしまった・・・。
いや、正直、こんな片言垂れ流す仕組みのどこがそんなに凄くて画期的なのか、数日使ってみてもよくわからない私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリンピックにどう取り組むのか・・・伊藤洋一氏のblogを読んで

伊藤洋一氏の日誌を読みました。
2010年03月01日(月曜日) 気象庁の反省 /YCASTER 2.0:伊藤洋一公式サイト
http://arfaetha.jp/ycaster/diary/post_966.html
それにしても、韓国や中国とのスポーツに対する国の取り組みの差が出たオリンピックでした。
 今朝の朝日新聞によれば、2006年トリノ大会までの冬季五輪の通算メダル数は、最近数回のオリンピックでの中韓の追い上げにもかかわらず、中国33、日本32、韓国31で横一線だったという。しかし今回の大会では韓国14(金6)、中国11(金5)に対して日本は5。日本は金メダルがなかった。
 これはちょっと寂しい。人気のないスポーツは事業仕分けしている国だから、今のままでは今後もあまり期待できない雰囲気だ。しかしこのままで良いのか。4年に一回の「冬のスポーツ」の映像消費にとどめるのではなく、やはり国の力の象徴の面があるだけに、企業任せではなく国としての取り組みも必要なように思う。

私は、下記のように思います。

ところで、オリンピックについてのZAKZAKの下記記事を見たのですが、
追い抜き“銀”3人娘の意外な所属先 ローカルCM出演も
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20100301/spo1003011639008-n2.htm

日本はアマチュアスポーツの厚い層が出来て、そこから選手が出ているのですから、ようやくできたこの流れをゆがめてしまわない方がよい、と思います。選手や選手のバックアップをする組織への税制等の優遇や、ウェア等の周辺技術開発の支援、そして「フェアな運営を信頼される競技の場所の確保」という形でスホーツ支援をするべきではないか、と思います。
中国や韓国のような、舞台を占拠して存在を誇示する型の国家によるスポーツ選手育成は、私は今更後追いをするべきではないと思います。

スポーツ門外漢の私が意見するのはお門違いかもしれせんが、オリンピックの為にスポーツがあるわけではないし、外野の抱く物語のために競技者がいるわけでもありませんから。
私としては、腰パンツごときが個性だと子供っぽく突っ張るスキー選手にも競技自体は伸び伸びとしてほしい(肯定とか擁護とかしている"大人"や業界関係者"には嘲笑しか感じなかったけど)し、そういうガキに対しては屈託なく「Pants on the Ground !!」と見物したいので、公費支出とか税金の投入という形で競技者と観客の間が歪まない方がよいだろう、と思うのですが。

国母和宏選手の応援歌決定 "Pants on the Ground"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう"

アゴラの"もう「危機モード」は卒業しよう "by 池田信夫氏 を読みました。
http://agora-web.jp/archives/944749.html

危機であればこそ、国家権力は期待され、それ故に権力は甘い。
そんなこと書かれると困る、と思っている人たちも多いかもしれませんね。

>政府もいい加減に「危機モード」は卒業し、投資を高める改革に取り組んでほしい
投資先がない、と苦情を言われるから、投資なんか探さなくてもよくなるように制度を弄って努力しているわけですよ^^;
郵貯預入限度額3000万円への引き上げ 「民間」には劇薬
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-column/news/20100302/ecc1003021613002-n2.htm

預金が無くなれば、投資先に頭を悩ませる必要はないわけで・・・。
これからは投資したい案件は郵貯にお願いをして、何が入っているか誰にも分からない「がま口」からお金を出してもらい、対価としてお駄賃を貰えってわけかな?

それで失敗して貸した金がエアーと化した時の落とし前はどうするのだろうかは、見ない。考えない。
きっと全部うまく行くのです。うまく行く筈だから、先に心配する方が間違いなのです。間違いは、しちゃいけない^^;
だから、郵貯の人間も安心して業務していいわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

1党55年体制・・・

なかなか刺激的なキーワードがちりばめられたblogだと思います。
「1党55年体制」とは名言かもしれません。

フリーライター宮島理のプチ論壇 since1997
http://miyajima.ne.jp/index.php
"政権交代により、旧経世会と旧社会党による利権政治が完全復活した。1党55年体制と言ってもいい状態であり、現在の国会は民主党というマンモス利権政党によって制圧されている"

どうなんだろ、「劣化自民党(by finalvent氏)」とか「1党55年体制」とか、言われて悔しいとか歯痒さとか、感じている人もいるのだろうか?
いるようには見えない、というのも問題ではないかと思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタは好きではないがミノルタにはなってほしくない

あいかわらず、ロンダ・スミス(Rhonda Smith)さんの証言について疑問を書いたエントリーにはアクセスが多いのですが、聞くところによると、最近の車はサイドブレーキも電子制御で、走行中引いても危険だから無効になるそうです。ふーん。
それはともかく、ダイヤモンドオンラインの「トヨタ“推定有罪”の世論を作った謎の人物とLAタイムズの偏向報道」を読みました。
http://diamond.jp/series/dol_report/10036/

私は、トヨタ車にはそそらない人間ですが、それでもこの騒ぎでトヨタがミノルタ化されるのではないか、と心配です。
世界初のオートフォーカス一眼レフシステムを確立した地方の中小メーカーミノルタは、ハネウェルに特許紛争を仕掛けられ敗北、金銭的な負担のみならず、技術開発での遅れ、イメージの悪化等により、後発大手に追いつかれ追い抜かれて凋落しました。
同じ事がより大規模におこるのかもしれません。

ミノルタ・ハネウェル特許訴訟 wiki
ハネウェルと日本メーカーのオートフォーカス訴訟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羨ましいなぁ、戦闘機の墓場

MSNで見ました。ギズモード・ジャパンの記事「Google Earthがとらえた戦闘機の墓場」
http://digitallife.jp.msn.com/article/article.aspx/articleid=508813/

4マイル(約6.4km)四方の土地に、4000機の任務を終えた航空機、というよりは、第二次世界大戦以降に使われた米軍戦闘機のほぼ全てが、収容

Bing Mapsで高解像度の画像見ました。
錆びないし、黴びないし、邪魔だと文句言われないし、置きっぱなしにできるってこと自体が羨ましい限りだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

しらっと凄いこと呟いているなぁ・・・

しらっと、凄いこと呟いているぁ・・・

http://twitter.com/junmyk/status/9813718801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞かかる朝

井ノ浦に朝日を浴びに行ってベタ曇りの朝に撮影した風景。

20100301pict4457_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »