« 1党55年体制・・・ | トップページ | オリンピックにどう取り組むのか・・・伊藤洋一氏のblogを読んで »

2010年3月 3日 (水)

そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう"

アゴラの"もう「危機モード」は卒業しよう "by 池田信夫氏 を読みました。
http://agora-web.jp/archives/944749.html

危機であればこそ、国家権力は期待され、それ故に権力は甘い。
そんなこと書かれると困る、と思っている人たちも多いかもしれませんね。

>政府もいい加減に「危機モード」は卒業し、投資を高める改革に取り組んでほしい
投資先がない、と苦情を言われるから、投資なんか探さなくてもよくなるように制度を弄って努力しているわけですよ^^;
郵貯預入限度額3000万円への引き上げ 「民間」には劇薬
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-column/news/20100302/ecc1003021613002-n2.htm

預金が無くなれば、投資先に頭を悩ませる必要はないわけで・・・。
これからは投資したい案件は郵貯にお願いをして、何が入っているか誰にも分からない「がま口」からお金を出してもらい、対価としてお駄賃を貰えってわけかな?

それで失敗して貸した金がエアーと化した時の落とし前はどうするのだろうかは、見ない。考えない。
きっと全部うまく行くのです。うまく行く筈だから、先に心配する方が間違いなのです。間違いは、しちゃいけない^^;
だから、郵貯の人間も安心して業務していいわけだ。

|

« 1党55年体制・・・ | トップページ | オリンピックにどう取り組むのか・・・伊藤洋一氏のblogを読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/47711381

この記事へのトラックバック一覧です: そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう":

« 1党55年体制・・・ | トップページ | オリンピックにどう取り組むのか・・・伊藤洋一氏のblogを読んで »