« 桜 -撮影は和布刈にて- | トップページ | 妙にアクセスされている、「そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう"」のエントリー »

2010年4月 7日 (水)

この話は本当だろうか・・・指紋による個人認証は日本発祥?

surveymlで拝見したのですが、指紋による個人認証は日本がやっている拇印を見たイギリス人が広く世界へ紹介した、という説がwikiに書かれているそうです。

うーん、日本人がしていたなら、広く東アジアで普及していたことでもあるような気もするのですが、この説の真偽はいかがなものでしょうか?

ウィキペディア(Wikipedia)指紋

イギリス人のヘンリー・フォールズ (Henry Faulds) は、1880年にイギリスの科学雑誌ネイチャーに、指紋に関する研究論文を発表した。フォールズは宣教師として1874年に来日し、現在の東京都中央区築地に居を構え、キリスト教の布教を行うと共に健康社(現在の聖路加国際病院)という医院を開設し医療活動に従事した医師でもあった。
彼は日本人が拇印を利用して個人の同一性確認を行っている事に興味を持った。また1877年にモース博士により発見された大森貝塚から出土した数千年前の土器に付着した古代人の指紋が現代人のものと変わらない事に感銘を受け、指紋の研究を始めたといわれている。フォールズの研究は日本滞在中に行われ、発表も日本からイギリスへ論文を発送して行われている。このためフォールズの居住地跡には彼の業績を記念して「指紋研究発祥之地」の記念碑が建てられている。

|

« 桜 -撮影は和布刈にて- | トップページ | 妙にアクセスされている、「そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう"」のエントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/48019600

この記事へのトラックバック一覧です: この話は本当だろうか・・・指紋による個人認証は日本発祥?:

« 桜 -撮影は和布刈にて- | トップページ | 妙にアクセスされている、「そんな事書かれると困るのでは? "もう「危機モード」は卒業しよう"」のエントリー »