« 人攫い内閣、と言われないために。管内閣の最初の国会は日本への忠誠を宣誓できるかどうかがポイントかも | トップページ | BookPro、帰ってきました。 »

2010年6月10日 (木)

長崎に縁はないとおもっていたけど

長崎にエース出版という出版社があり、観光情報のフリーペーパーを出しているのですが、現在発行されている号に私の関門海峡の画像が掲載されています。

なんで長崎で関門の画像がいるの?
と思われるところですが、そこは今年のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」のおかげ。
「幕末長崎往来」というコーナーで坂本龍馬の紹介をしている中で、小倉戦争で上陸支援と関門海峡のシーレーン確保(^^;)をしたことが簡単に触れられている関係で、出版社が関門海峡の絵が欲しくて探して、今年の正月にupしてフリー宣言した私の画像を使いたい、と連絡がきた、という事情です。
無論、フリー宣言した画像ですから、私はOKです。

今年の元旦にupした関門海峡のフリー画像の件

机の上、孤軍奮闘がんばるX君の上に雑誌を広げた状態。
20100610pict6357

もう少し明るい画像を用意してあげたほうがよかったかな、というか随分暗いなぁ、というのが最初の感想。
MacBookProの画面だと、けっこう明るかったのてすが・・・。
やはり、きちんとした外付けモニター必要なのかな、とか全然おとといの方向に気が向く私・・・。

版元のエース出版さんが冊子御礼に送ってくれました。
このフリームック本以外にもいくつか長崎紹介の出版物を同封してくれていたのですが、「こんなに貰ってもなぁ、長崎に行く予定もないしなぁ」と思っていたのです。
ところが、22日に研修で長崎に行くことになりました。「特別産業廃棄物管理責任者」とかいう資格を取らねばならなくなりまして。
土地勘ないところにありがたいことになりました。
妙なご縁だな、と思います。

エース出版さんのweb 熊本の観光情報・長崎の観光情報 旅ムック

|

« 人攫い内閣、と言われないために。管内閣の最初の国会は日本への忠誠を宣誓できるかどうかがポイントかも | トップページ | BookPro、帰ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/48589482

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎に縁はないとおもっていたけど:

« 人攫い内閣、と言われないために。管内閣の最初の国会は日本への忠誠を宣誓できるかどうかがポイントかも | トップページ | BookPro、帰ってきました。 »