« なるほど、そこまでする窓口としてのカフェかぁ・・・ 興味を引かれた日経ビジネスの「入川秀人氏」の記事 | トップページ | 中原君の「のらねこがたり」がflichrで公開中 »

2010年7月 8日 (木)

めかり 車窓から見る夜の海峡を行き交う船

時間タイトでしたが、結局行ってきました。めかりの観望会。
久しぶりに人に合えたので生き返る思いです。星は、まぁ七夕の夜は曇りの特異日じゃなかったかな・・・^^;

車両カフェのかんもん号(ここでちょっと紹介)に移動して、日本セメントの秘蔵画像を個展して公開しましょう、とせっせと某人を口説く。

それにしても、あの列車を持ってきたカフェはいいなぁ。中の照明落として暗い海に灯りつけて行き交う船を見ながら、「もしかして、このビジュアルって凄くねぇ?」と気がつく。

昼の景観も素晴らしいけど、夜の和布刈の魅力ももっとプッシュするべきかも。
(私は、朝の和布刈の空気感や色感も好きだけど -ここにちょっとあります-)

今はヤンキーとシャコタン車もいないし(かつてここは"その文化"の九州のメッカの一つだった)、風光明媚な所としての和布刈の売り込みがもっと必要な気がした夜。

さて、懲役何時間かの刑に服してくるか・・・。

|

« なるほど、そこまでする窓口としてのカフェかぁ・・・ 興味を引かれた日経ビジネスの「入川秀人氏」の記事 | トップページ | 中原君の「のらねこがたり」がflichrで公開中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/48824177

この記事へのトラックバック一覧です: めかり 車窓から見る夜の海峡を行き交う船:

« なるほど、そこまでする窓口としてのカフェかぁ・・・ 興味を引かれた日経ビジネスの「入川秀人氏」の記事 | トップページ | 中原君の「のらねこがたり」がflichrで公開中 »