« 雲の情景 2 | トップページ | LIFE IN A DAY  参加できないししないけどね。 »

2010年7月22日 (木)

昆虫食古今東西 読み終わる。 

「昆虫食古今東西」という本を図書館で借りて、先ごろ読み終わりました。 

http://www.amazon.co.jp/昆虫食古今東西-三橋-淳/dp/4769371756 

内容は、基本虫の食べ方。科学的解説というよりこんな風に食べられていますというレシピ集のてんこ盛り。
読んでいてお腹一杯というより少々気持ち悪くなりました。

なんか唐突に否応無く体が虫に変えられる系の、いきなり鏡の向こうに触覚や足が体突き破って生えてくる自分を見るような、妙な怖さを感じる一瞬とか体験してしまった・・・。
勘違いされそうだから言っときますが、「試食」なんかまったくしてませんよ。読んだだけですからね、私は。

昆虫食って、見た目の問題とか毒の可能性とかだけではなくて、相手があまりに異質な生き物であるため、「食べると虫になるのではないか?」という体乗っ取られる系の恐怖が意識の底流にあってスタンダードにならないのかもしれない、とか思いました。

|

« 雲の情景 2 | トップページ | LIFE IN A DAY  参加できないししないけどね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/48944323

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫食古今東西 読み終わる。 :

« 雲の情景 2 | トップページ | LIFE IN A DAY  参加できないししないけどね。 »