« 夕日を浴びる路地の親子 三宜楼へと続く坂道 | トップページ | 暑い。溶融した脳髄の現状についての報告 »

2011年6月24日 (金)

auto110再び

でた!! デジタルauto110 ! 
ペンタックスいまだ滅びずここにあり。

HOYA株式会社PENTAXイメージング・システム事業部は、レンズ交換式デジタルカメラで世界最小最軽量の「PENTAX Q(キュー)」を発売する
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455177.html

1/2.3インチサイズの受光素子だから騙しの一眼だの売れんだのと声があがっているらしい。
分からんではないが、APS-Cだって同じこと言われたし、無駄に技術の結晶と言われた幻の名機auto110を知るロートルには、このチャレンジこそベンタの魂だと嬉しくなる。

でもなぁ、ペンタプリズムはないんだよなぁ・・・。

これ、マウントアダプターとか出るのかな? 35mm用レンズならなんと倍率5.5倍。KマウントアダプターとGPSユニットのアストロトレーサーで、「三脚で月・惑星の簡易拡大写真キット」とか出ねぇかなぁ。

|

« 夕日を浴びる路地の親子 三宜楼へと続く坂道 | トップページ | 暑い。溶融した脳髄の現状についての報告 »

コメント

いかにもPentaxらしい製品なんですが、カタチがなあ・・・。
以前販売していたI-10が早々に市場から引き揚げられたので、その進化形として出るものとばかり思ってました。
ちょっと、いやかなり残念。

投稿: Yom | 2011年6月27日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/52027358

この記事へのトラックバック一覧です: auto110再び:

« 夕日を浴びる路地の親子 三宜楼へと続く坂道 | トップページ | 暑い。溶融した脳髄の現状についての報告 »