« 土曜日、「東北の酒を楽しむ夕べ」という会があった。 | トップページ | 名もなき小さい花 »

2011年6月28日 (火)

ちなみに、「東北を・・・」に私が持ち込んだお酒は

土曜日の「東北の酒を飲む夕べ」、市内のお酒屋さん何軒かが趣旨に賛同、お酒を用意しましたが、私も少しお手伝いしました。
私が用意したのは、この三本

チェリーウィスキー 
日本酒焼酎 吟粒 
夢穂波(ゆめほなみ)本醸造 

上二つは福島の笹の川酒造。吟粒は清酒自体を蒸留した焼酎です(珍しいでしょ^^;)
夢穂波は釜石の浜千鳥。岩手のお米で作った岩手のお酒。

北九州市の行政マンたちがこの夢穂波を喜んでました。
何しろ、今、「鐵の紐帯」とばかりに全力支援している釜石のお酒。しかも町長以下殉職した大槌町産の岩手で生まれた酒米を釜石で醸して、釜石の若い衆がデザインしたラベルで、というall釜石なものですから。
「俺は先週まで行ってたんだ」とか言う人もいて大受けでした。

写真は、会場でのそれぞれのお酒。蔵から今回の参加者の皆さんへのメッセージと、九州から蔵へ、エールを送るための色紙とかも。
そして、公式には用意されてなかった、謎の焼酎(二十年古酒)のポートレート・・・

20110628dsc0096520110628dsc00909_220110628dsc00928

|

« 土曜日、「東北の酒を楽しむ夕べ」という会があった。 | トップページ | 名もなき小さい花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/52063532

この記事へのトラックバック一覧です: ちなみに、「東北を・・・」に私が持ち込んだお酒は:

« 土曜日、「東北の酒を楽しむ夕べ」という会があった。 | トップページ | 名もなき小さい花 »