« 花画像一枚 | トップページ | 民主党の首相や大臣が来た時は、時間まで玄関先で待たせればいいわけ? »

2011年7月 4日 (月)

映画「ダークナイト」ようやく見た

映画の「ダークナイト」、週末にようやく見ました。

いや、なんか後味悪いなぁ。旧作のJニコルソンのジョーカー、あのコミカルな演技で娯楽映画として救われてた部分ってとっても大きかったんだなぁ、とか思いました。

で、どうせ後味悪くリアルにこだわって作るなら、最初と最後にバットマン犬で追うというシーンがあることだし、ラストでジョーカー野良犬に食い殺させればよかったかも。とか不穏当なことを考えてしまいました。

この映画、ジョーカーの異常性の輝かしい勝利となる寸前で、フェリーに閉じ込められた犯罪者も、彼らを見下す堅気の衆も、共に起爆スイッチを捨てる侠気を取り戻し、警察犬に追われるバットマンが走狗煮られる太平の到来を予感させるわけですから、ならジョーカーは宙ぶらりんで終わらせるってのはないよなぁ、とか思ったわけです。
で、野良犬にむしり食い殺されることで片付けたら、所詮文明の手の中でいきがっているだけにすぎない彼の寄る辺"異常性"も、周囲に恐怖を与えて快感と焦燥を感じる(彼が)ことはない、これからの太平の人の世界ではそれは忘却の彼方に消えるもので、そして野良犬という自然にとっては、彼はただの不味い肉でしかない、
てな感じで片付けてもよかったかも。なんて思ってしまったわけです。

まぁ映画としてはR指定決定だけどねぇ・・・。

えっ、キモい。どこからそんなこと考え付いたって?
いや、うちの子が大好きなこの国の幼児のスーパーヒーローは、「さあ、ぼくの頭をお食べ」って食わせてくれる、涼やかにカリバニズムを囁きながら捨身飼虎を地でいく、あのレクター博士真っ青なアンPンマンだよ^^;

|

« 花画像一枚 | トップページ | 民主党の首相や大臣が来た時は、時間まで玄関先で待たせればいいわけ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/52116748

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ダークナイト」ようやく見た:

« 花画像一枚 | トップページ | 民主党の首相や大臣が来た時は、時間まで玄関先で待たせればいいわけ? »