« 朝の光 雲間から海へと延びる、所謂「天使の階段」 | トップページ | 謹賀新年 (旧正月 -春節- ですから) »

2012年1月22日 (日)

門司港牡蠣祭り、滞在15分でしたけど行ってきました

昨日と今日は、門司港は牡蠣祭り(案内)。

咳が止まらず、歩く生物兵器と化した今日の私。それでも気になり昼飯探しのついでにちょっと覗いてきました。
雨にも負けず、沢山の皆さんが並んでいました。

門司と呼称されるこの企救半島の東海岸一帯は、風光明媚で美しい朝日が昇るばかりではなくて、豊前海一粒かき(説明)と名付けられたおいしい牡蠣の大産地でもあります。

お昼は、最初は「食ってんか」さんの出汁たこ焼きでも、と思っていたのですが、小倉京町から久津の葉さんが出店しているのを発見、ここのたこ焼き買って、今自宅で咳しながら食べてます。

会場のスナップ。(ちょっと朝見た木村伊兵衛さんの写真に影響された?)

20120122dsc04770_420120122dsc04767

|

« 朝の光 雲間から海へと延びる、所謂「天使の階段」 | トップページ | 謹賀新年 (旧正月 -春節- ですから) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/53794947

この記事へのトラックバック一覧です: 門司港牡蠣祭り、滞在15分でしたけど行ってきました:

« 朝の光 雲間から海へと延びる、所謂「天使の階段」 | トップページ | 謹賀新年 (旧正月 -春節- ですから) »