« 朝の響灘。雲が作った天への門みたいな風景 | トップページ | 東瀛から望む今朝の朝日 の続き »

2012年1月 8日 (日)

東瀛から望む今朝の朝日

蓬萊(ほうらい)方壷(ほうこ)というより、ここは瀛州(えいしゅう)にて朝日を拝する、という言葉がいいかな。
今日、北九州市は成人式をするそうですから、まぁ彼ら新成人へのお祝いみたいなもんかもなぁ。


解説 蓬萊、方壷(方丈)瀛州は、古代中華世界で仙人の住むとされた
   東方の三神山の名前。
   転じて、日本を指す雅称ともなった。らしい。(ありがとうwiki)


.

20120108dsc04592


|

« 朝の響灘。雲が作った天への門みたいな風景 | トップページ | 東瀛から望む今朝の朝日 の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/53683918

この記事へのトラックバック一覧です: 東瀛から望む今朝の朝日:

« 朝の響灘。雲が作った天への門みたいな風景 | トップページ | 東瀛から望む今朝の朝日 の続き »