« 黒崎ひびしんホールのこけら落とし、「白象くんがやって来た」にお邪魔してきました | トップページ | 入り江に映る朝の風景 日の出を挟んで二枚 »

2012年8月20日 (月)

ひびしんホールの隣、図書館との間に

昨日の撮影ボランティア、妻と子供たちの分のチケットをいただいて、連れて行ったのですが、リハ会場で打ち合わせのために一人で先に会場入って、暫くして家族どうしているのか、と思って電話したら、
「川入っていってびしびしょになって遊んでいる」と妻の報告。

川? 事情が分からなかったのですが、ホールを出てあっ、と思いました。
ホールと図書館の間に川があり、水路型に護岸を固めず、川原を整備して子供のかっこうの遊び場になっている・・・。
良く見ると、馬鹿息子はキャッキャと水の中歩いている・・・。

妻がズボンの替えを持っていたので履き替えさせて、時間になってホールで白象君見て、帰り道彼はまた川へ直行してずぶぬれになってました・・・。

考えてみれば、北九州は下水道が整備されて川に汚水流すことはないし、黒崎の町なら上流に廃液流す工場だってないだろうし、街中に川原を整備してせいぜいくるぶしくらいまでの浅い水場をつくるのは悪くないですね。
私だって子供の頃の水遊びは近所の溜池か清滝川だったなぁ、とかふと思い出しました。
(門司港の海は遠浅でもないし港だし潮流も激しいので水泳できない。だから海水浴なんて遠出して楽しむ贅沢でした)

2012082020120819pict4654


|

« 黒崎ひびしんホールのこけら落とし、「白象くんがやって来た」にお邪魔してきました | トップページ | 入り江に映る朝の風景 日の出を挟んで二枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/55465541

この記事へのトラックバック一覧です: ひびしんホールの隣、図書館との間に:

« 黒崎ひびしんホールのこけら落とし、「白象くんがやって来た」にお邪魔してきました | トップページ | 入り江に映る朝の風景 日の出を挟んで二枚 »