« 薄雲を被りながら周防灘に今朝の朝日が昇ってくる様 二枚 | トップページ | 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち »

2012年10月 8日 (月)

今朝の苅田港上空の星

今朝の事。

いつもの撮影場所に着いて、堤防の上に三脚やらカメラやらを持ち上げ、テトラポットの上で店を広げたのが、東の空に蒼みが差してきた頃でした。

空は透明度は高いがやや薄い雲も切れ切れに広がっており、天頂の月、南中するオリオンには雲が絡みなかなか風情がありました。

ふと、南へ延びるテトラポットの海岸線の先、苅田港のあたりの低いところ、街の明かりのすぐ上に、ぽつんと赤い星があることに気がつきました。

なんだろう、と思い、大犬の真下だから、まさか、そうかも・・・。と思って取りあえず急いで一枚撮影したのが下の画像です。

wikiAstroArtsの特集とで調べて、間違いないみたいです。

和名「布良星(めらぼし)」。中国人呼ぶところの南極老人、カノープス(Canopus)ですね。

いやー、ここ九州最北端の半島でも見えるのですね。見た者は長寿になるとも言われる星、これはめでたいです。(これからは「苅田の横着星」と呼ぼうかな^0^)

写真の方は三脚の固定ネジを締め忘れて撮影したものですから少し流れています。ゴメンナサイ。これしか写ったカットがないのですm(..)m 次回以降ちゃんとした一枚を狙います。

どの星がカノープスか、wikiのこの画像と比べて探してみてください。

2012100820121008dsc00247

|

« 薄雲を被りながら周防灘に今朝の朝日が昇ってくる様 二枚 | トップページ | 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/55846571

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の苅田港上空の星:

« 薄雲を被りながら周防灘に今朝の朝日が昇ってくる様 二枚 | トップページ | 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち »