« 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち | トップページ | 秋桜 若松の道すがら »

2012年10月 8日 (月)

三連休の思い出 響灘ビオトープにお邪魔してきました。

10/6、オープンした響灘ビオトープにお邪魔してきました。

こんなところです。 北九州市の紹介

自然を自然のままに置いておくという場所ですから、ここを楽しむためには、やってきた人間の方に楽しむための勉強と訓練が必要なのだろう、と思います。予め誘導するよう整備されたお手軽テーマパークではないから、集客施設としては容易にお金を生むものにはならないでしょうね。

でも、自然をそのまま見て凄いことや楽しいことを見つけることは、これまで以上に重要なのに、勝手な自然に接する機会はなくなる一方ですから、意識してこういう設備をもつことは大切だと思います。

思うにこれから半世紀から一世紀くらい、生物学の知見が諸科学の理論モデルのベースになるのではないでしょうか。社会科学から工学や情報処理も、これからの理論モデルは生き物のあり方、たとえば諸器官の協調や細胞内の物質の動きやエネルギーの確保の仕組みとか、DNAの模倣に求めるようになるのではないでしょうか?

だから、そのままの自然で生きている生物たちのそのままを見て驚いたり面白がる感性を育てないと、新しい技術革新なんかがこの国から出てくることはありえないのではないか、とか飛躍して思っています。

まぁだからこの施設が云々という話ではないですけど。


2012100820121006dsc00113 2012100820121006dsc00114 2012100820121006dsc00099 2012100820121006dsc00120

|

« 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち | トップページ | 秋桜 若松の道すがら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/55848503

この記事へのトラックバック一覧です: 三連休の思い出 響灘ビオトープにお邪魔してきました。:

« 夜明けの始まる頃。今朝の冬の星座たち | トップページ | 秋桜 若松の道すがら »