« 早鞆の瀬戸を照らす門司埼灯台の上に昇る北斗の柄杓 | トップページ | 昨晩のパンスターズ。観望は失敗、撮影はかろうじて成功? »

2013年3月21日 (木)

パンスターズ彗星画像で比較した手持ち夜景と長時間露出

14日に観望と撮影に成功して以来、パンスターズ彗星を拝んでいません。

ちょっと面白そうなので、14日に撮影した画像でNEXによる手持ち夜景モードと、α700の長時間露出画像を比較してみました。
両者の撮影の時間に三分ほどタイムラグがあります。
 
左側が、NEX-3C+18-55mm F3.5-5.6 露出1/6のマルチコンポジット  ASA 6400
右側が、α700+50mmF1.4    絞りF1.6 露出0.4秒  ASA 800
 
うぷっ、ASAだって。年寄りはこれだから・・・^^;
条件が完全に同じではない、特にレンズの明るさの違いは大きいのですが、手持ち夜景ってけっこう善戦している気がします。
でも、NEX手持ち夜景の方、彗星分かるかなぁ・・・。
 
2013032120130314_dsc1846 2013032120130314dsc01848_2

|

« 早鞆の瀬戸を照らす門司埼灯台の上に昇る北斗の柄杓 | トップページ | 昨晩のパンスターズ。観望は失敗、撮影はかろうじて成功? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/57000246

この記事へのトラックバック一覧です: パンスターズ彗星画像で比較した手持ち夜景と長時間露出:

« 早鞆の瀬戸を照らす門司埼灯台の上に昇る北斗の柄杓 | トップページ | 昨晩のパンスターズ。観望は失敗、撮影はかろうじて成功? »